トイレ詰まりや水回りのトラブルが起きた時の対処方法

水回り

トイレ詰まり自力で修理できる範囲とは

多くの方がトイレの詰まりを経験したことがあるはずですが、トイレ詰まりは業者に頼まなくても解決できる場合があります。簡単に解決できる方法としては、水ではなくお湯を流すという方法となります。詰まるものとしては排泄物とトイレットペーパーとなるため、お湯によって溶かすことが可能です。お湯と言っても熱湯を流してしまうと故障の原因となってしまうため、40度から50度くらいのお湯が目安となります。お湯を流し終えたら放置し、まだ水がスムーズに流れない場合はこちらを繰り返すことで詰まりを解消できる場合があります。お湯の他にもお酢や重曹を流しても詰まったものを溶かしやすくしてくれるため、お湯と併用して流すことで詰まりを解消しやすくすることができます。

トイレ

こんなトイレ詰まりは専門業者へ依頼

大抵のトイレ詰まりの場合は自力で直すことができますが、どうしても水が流れない場合は業者に依頼するしか方法はありません。お湯やお酢、重曹を試してみても流れない場合はスッポンと呼ばれる器具でトイレ詰まりを解消できることがありますが、スッポンを使っても水が流れない、水の流れが遅い場合はあきらめて業者を利用したほうが無難となります。理由としては、排泄物やトイレットペーパーが原因ではない可能性があるためとなります。詰まる可能性があるものとしては、ティッシュや生ごみ、ガムなど水では溶けないものがあり、中には尿石で詰まってしまっている可能性もあります。これらで詰まっている場合は頑張っても自力では詰まりを解消することができないことが多いため、早めに業者に依頼することを検討したほうが良いでしょう。