トイレ詰まりと水漏れで違う修理と対処方法

レディ

トイレ詰まりしたときの対処方法

トイレ詰まりは、かなり焦る状況なのが実際のところです。用を足した後で流れないとなると、どうすれば良いかわからなくなりますよね。ひとまずは落ち着いて、流す手段を考えたほうが良いでしょう。単に水が出なくなっているだけなら、バケツなどで水を汲んできて直接流し込むことが出来ます。でもペーパーなどが詰まってしまっていると、この方法では汚水が溢れてしまうので避けて下さい。詰まりを取るならラバーカップという専用の道具が必要です。棒の先に吸盤がついている道具で、それを便器の中の排水溝に密着させて勢いよく引くことで排水を引き込ませることが出来ます。ただし、汚水の量が多い場合は、水位が便器のふちから10㎝以上低い状態になるまでラバーカップを入れてはいけません。詰まりがひどい場合は、ラバーカップでも対処出来ない事もあります。

トイレ

水漏れしたときの応急処置

水漏れした時の応急処置は、とにかく止水栓を閉めるのが一番です。ただし、止水栓はトイレのタイプによって付いている位置が違うので、まずはどこにあるのか確認する必要があります。特にタンクの無いタイプの場合は、本体のパネルの中に隠れて収納されている事があるので、パッと見ただけでは分かりません。また、タンクの止水栓のほかに温水洗浄のための止水栓がある場合もあるので、どちらを止めるべきかも確認が必要です。出来ればトイレに供給されている水だけを止めたいところですが、どうしても止水栓が見つからない場合には、家屋の元栓を閉める方法もあります。トイレの止水栓は硬くて専用の工具でないと閉められない場合もありますので、無理はしないで家全体の元栓を閉めたほうが良い場合もあります。トイレ詰まりも水漏れも、素人ではその場の応急処置しか出来ませんので、専門業者が来るまでの一時的な対策と考えましょう。